人工知能が仕事を奪う?

人工知能の登場によって、私たちの生活は現在もすでに変わりつつあります。

たとえば、スマートフォンに話しかければ、スマートフォン自身が必要な動作を自動的に行ってくれる音声認識アシスタントや、お店などで案内をしてくれるロボットなどなど…。これだけでもかなり時代は変わったなぁ、と感じる人もいるでしょうが、今後、コンピュータテクノロジーの進歩が進めば、人工知能のレベルはさらにアップし、今以上に私たちの生活と人工知能が密接にかかわってくることになると予想されています。

その中でも特に危機感をもって予想されているのが人工知能と雇用の問題です。

人工知能のレベルアップによって、コンピュータがさまざまな作業をすることが可能となれば、これまで人間が行ってきた仕事の多くがコンピュータにとってかわられてしまうのではないか?というのです。

極端な予想では、人工知能が人間の仕事を奪うことにより、人間は働かなくなり、目的もなくただ日々を過ごすだけの存在になってしまう、というようなものもあります。

 

人工知能が人を豊かにする

さまざまな人工知能のwebメディアには、人工知能に関するさまざまな情報が記事として掲載されていますが、その中にある「不労時代のヒトの在り方」という記事には、今後人工知能が人間の仕事をこなすようになった場合の人間の価値について、私たちにヒントを与えてくれているようです。

それによれば、近い将来、私たちの立場は人工知能の登場により「仕事をしなくなる(できなくなる)」層と、「人工知能を使いこなすことによって仕事ができる(仕事を生み出す)」層の二層化が進むといいます。もしも自分が前者の「仕事をしなくなる」層に当てはまってしまった場合には、自らの創造性を駆使して生きることが求められることとなるでしょう。

人工知能の発展は、人から仕事を奪い人間を貧しくするととらえがちですが、それによって人間がさらに創造性を発揮することができれば、人工知能の登場は人間をより人間らしく、豊かにしてくれる存在にもなることができるのです。