人工知能の研究者の存在

ここ数年で急速に進歩を遂げた感のある人工知能。人工知能を使って会話をすることができるソフトバンク社のロボット「Pepper」や、スマートフォンなどをより便利に使用することができる「Siri」や「GoogleNow」といったツールを利用したことがあるという人も多いでしょう。

しかし、こういった人工知能技術の進歩の陰には、多くの研究者たちの熱心な研究があることを忘れてはなりません。

「人工知能」という言葉が初めて社会に登場したのは、1956年に開催されたダートマス会議でのことですが、こうした時代の人工知能研究やAI理論を知ることは、現代の人工知能を理解する上では欠かせないものと考えることができるでしょう。

 

人工知能の研究者について知る

人工知能研究を行ってきた研究者たち、つまりAI理論の先駆者たちについて知るためには、さまざまな人工知能のwebサイトをチェックするのがオススメです。

「AI理論の先駆者たち」として、人工知能研究の礎を築いていったレイ・カーツワイルやジョン・マッカーシー、マービン・ミンスキー、アラン・チューリングといった人物について、その理論をわかりやすく紹介してくれている記事もあります。

例えば、ダートマス会議で人工知能という言葉を初めて登場させたジョン・マッカーシーについて。

現代人工知能の父とも呼ばれるジョン・マッカーシーとは、どのような人物なのでしょうか。

1927年9月にボストンで生まれたマッカーシーは、今のコンピュータの原点といわれるタイムシェアリングシステムや人工知能研究用のプログラミング言語として有名なLISPなどを開発したことで知られています。

あまりなじみのない技術という人がほとんどだと思いますが、タイムシェアリングシステムは現在のクラウドコンピューティングの基礎、LISPは20世紀最大の発明と言われる記号処理用プログラミング言語である、といえばその功績の大きさが感じられるのではないでしょうか。